[保険アドバイザーの面談からがん保険の加入を検討した体験談]

-shared-img-thumb-CL201_syorui2320140830185655_TP_V.jpg

≪がんの疑いからがん保険を見直した経験≫

私が保険の見直しをしようと思ったきっかけは自身の「がん」の疑いからでした。
当時、大腸や消化器系が長期的に不調で「大腸がん」の可能性があり、がん保険に加入していなかったことを非常に不安に感じました。
検査の結果、幸いにもがんではなかったのですが、それ以後、がん保険の必要性を強く感じるようになり、保険業者のアドバイスのもと見直しをしました。
保険アドバイザーの方は非常に丁寧に保険について教えてくださいました。
まず、私がそのとき加入していた保険のムダを見つけ出し、「今の生活スタイルに必要のない部分」を炙りだしました。
そこから必要な部分だけを付け足すことができる保険を提示してくださったのです。
私は、元々はがん保険の相談をするつもりでしたが、当時加入していた医療保険を解約し、新しく医療保険とがん保険に加入することに決めました。
元々の医療保険を解約する際、私の知り合いの頼みで加入したものだから解約を切り出しにくいという心配がありましたが、「保険は知り合いのために入るのではなく、自分のために入るものです」という言葉を受けて、解約に踏み切ることができました。
今では、がん保険に加えて医療保険までも手厚く保証してくれる内容のものに加入できて、さらに保険料も以前と変わらないので結果的に助かりました。